住民票を実家のまま一人暮らししても大丈夫?移さない場合のデメリット

住民票 実家のまま 一人暮らし
  • URLをコピーしました!

実家から離れて一人暮らしを始めるのに、住民票を移すのが面倒だと思っていませんか?

もしそう感じているなら、それは大きな間違いです。

住民票の転出届は、特別な事情がある場合を除き必ず出さなければいけないものです。

そうしないと、あなたは多くの不利益や法的な問題に直面すかもしれません。

今回は住民票を移さずに一人暮らしをすることの危険性やデメリットについて具体的にお伝えします。

目次

住民票を移さないために受ける罰則とは

住民票 実家のまま 罰則

住民票とは国や自治体が住民の居住状況を把握するための重要な書類です。

この書類には氏名や生年月日、性別、現在の住所や過去の住所、住民登録や引越しの日付などが書いてあります。

そして引越しをするときは必ず新しい住所に住民票を移さなければなりません。

これは法律(住民基本台帳法)で決められている義務で、もし期限内に遅れたりすると罰金を払わされたり他の手続きで困ったことになりかねません。

住民基本台帳法
  • 転入・転居をした場合は14日以内に市町村長に届け出を行うこと
  • 届け出を行わない場合は5万円以下の過料に処する

住民票の異動は国や自治体が住民の安全や福祉を保障するために必要なことです。

ルールを無視したり軽視したりすることは許されません。引越しの際は速やかに届け出を出して、正しく住民票を移すように心がけましょう。

住民票が実家のままであることはばれる?

普段の生活をしている中では、住民票が実家のままであることがばれることはほとんどありません。

しかし何かの手続きのために役所で公的書類を発行しようとしたら、現住所と違うことが発覚してしまいます。

その場で書類がもらえないだけでなく、法律違反だと注意される可能性があります。

また仕事をしている場合は会社にも影響が及びます。

というのも会社の住宅手当や通勤手当は、住民票を元に決められることがほとんどだからです。

もしあなたが提出した住所と住民票が違っていた場合、不正だと疑われるかもしれません。

そして手当をカットされる可能性はもちろん信頼関係も崩れてしまいます。

こうならないためにも引っ越しをしたら、実家のままにせずにすぐに住民票を移しましょう。

他にもある住民票を実家のままで一人暮らしをするデメリット

住民票 実家のまま デメリット

ここまで住民票を実家のまま移さないことによる罰則についてお伝えしてきましたが、他にも移さないデメリットについて説明します。

ふるさと納税の手続きができない

ふるさと納税は、所得税の還付や住民税の控除とともに返礼品を受け取ることができる制度です。

しかしこの制度を利用するには、本人確認書類が必須です。マイナンバーカードや通知カードを持っていない人は、住民票の写しを提出しなければなりません。

生命保険の手続きでも必要

最近はネット保険などで手軽に契約できる生命保険が増えていますがあなたは加入していますか?

もしも事故や病気で入院や手術が必要になったら、生命保険の給付金を受け取るためには住民票が必要です。

なので住民票が実家のままだと、手続きに時間がかかってしまいます。

失業手当をもらうとき手間がかかる

失業保険を受けるためには、住民票の所管地のハローワークに行かなくてはいけません。

しかし、住民票が実家のままで実家が遠いという人も多いでしょう。

このような場合手続きに時間や費用がかかってしまいますし、ハローワークのサービスも十分に利用できません。

住民票を移さなくてもいい事例

住民票 実家のまま 一人暮らし

ここまで一人暮らしを始めたら住民票を移さなくてはいけない理由について説明していきましたが、場合によっては住民票を移さなくても大丈夫なこともあります。

一時的な転居で1年以内に元の住所に戻る

住んでいる場所を転居するのは一時的なことで、いつ戻ってくるか決まっているなら住民票を移す必要はありません。

自治体によっては期間に制限があるかもしれませんが、基本的には1年以内だと問題ないと言われています。

定期的に実家に帰っている

一人暮らしをしている部屋と実家が近いため、実家に住んでいる期間が賃貸で住んでいる期間とほとんど変わらない人もいます。

そのような方は生活している場所が変わっていないとみなされるので、住民票を変更しなくても問題ありません。

簡単にできる!住民票を移す方法

住民票の移動には引っ越し前後で2回の手続きが必要です。

引っ越し前には、現住所の役所で転出届を書いて下さい。

必要な書類は役所にあるのでその場で記入しましょう。

転出届を提出すると転出証明書が発行されます。

この書類は後で必要になるのできちんと保管しておきましょう。

引っ越し後には新住所の役所で転入届を提出します。

転入届を提出する際には、先ほどの転出証明書が必要となりますので注意してください。

これで住民票の移動は完了です。

手続きには身分証明書や印鑑などが必要なので忘れずに持参してください。

住民票を実家のまま一人暮らししても大丈夫なのかまとめ

今回は住民票を実家のまま一人暮らししても大丈夫なのか、移さなかった際のデメリットについてまとめてみました。

住民票を実家のままにしている方は要注意です。一時的な転居などの特別な事情がない限り、住民票を移動することは法律で決められています。

実家のままであることがばれた場合は5万円以下の罰金が科せられるだけでなく、税金や保険などの手続きにも影響が出ます。

引っ越しが終わってから14日以内に住民票を移すことは絶対に忘れないでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次