プールに行くときスマホはどうするべき?おすすめのグッズと守るべき注意点についても

プール スマホ どうする
  • URLをコピーしました!

夏の暑い日にプールで遊ぶのは最高のリフレッシュ方法ですが、スマホをどうするべきなのかについては頭を悩ませる問題です。

そのままスマホを持っていれば水に濡れるリスクありますし、もしかしたら盗難される可能性も…。

何も対策をしないままプールに行っては大切なスマホがトラブルに巻き込まれるかもしれません。

そこで今回はプールに行くときスマホはどうするべきなのかについてまとめました!

プールにスマホを持って行くとき、おすすめのグッズと守るべき注意点についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください!

目次

プールに行くときスマホはどうするべきかの前に確認すべきこと

プール スマホ どうする ルール

早速ですがプールに行くときスマホはどうするべきなのでしょうか?

私生活でスマホを使うときはそれほど気にする必要はありませんが、プールにスマホを持って行く時はちょっと事情が変わってきます。

というのもプールによっては、携帯電話やスマホの持ち込みが禁止になっているところもあるからです。

特に市営・区営プールではプライバシー保護や盗撮防止の観点から、カメラ付き携帯やスマホが持ち込み禁止になっていることがあります。

なので知らずにスマホをプールに持ち込んでしまうと、最悪の場合は監視員から退場を求められてしまうことも…。

当日そのようなトラブルを起こさないためにも、事前にプールのホームページなどでルールを確認し携帯やスマホの持ち込みが可能かどうかをチェックしましょう。

プールへ行ったらスマホで友人や恋人と一緒に写真を撮りたいと思う気持ちはよくわかります。

ただルールはルールです。

みんなが気持ちよくプールを楽しめるよう、決まり事はしっかりと守りましょう。

プールに行くときスマホはどうするのがベスト?おすすめの管理方法3選

プール スマホ どうする グッズ

もしプールにスマホを持ち込んでも大丈夫であることが確認できれば、以下の方法で管理するといいでしょう!

  • スマホに防水ケースをつける
     
  • 防水バッグを使う
  • コインロッカーにスマホを保管しておく

スマホに防水ケースをつける

プールでスマホを使う際、一番心配なのが水没や水濡れだと思います。

最近は防水対応のスマホも増えてきましたが、それは「常温の真水」での防水対応になります。

なので基本的にプールの中でスマホを使うことは想定されていません。

プールの水に濡れた手で操作したり一瞬プールの中に落ちてしまったくらいなら大丈夫かもしれませんが、普段通りプールでも使っていると塩素の影響でスマホが劣化してしまうかもしれません。

そのため防水機能があるスマホでも、プールで使う際はスマホ用の防水ケースに入れることをオススメします。

スマホの防水ケースは100円ショップでも販売されていますが、水濡れのリスクをゼロに近づけたい人や、スマホで写真を撮りたい人は、防水性能が高い専用の防水ケースを購入するといいでしょう。

防水性能の目安として「IPX」という規格があり、IPXの数字が大きいほど高い防水性能を持っています。

例えばIPX7は一時的な水没OKですが、IPX8なら継続的な水没にも耐えられる最高ランクの性能になります。

プールで携帯・スマホを落とすリスクを考えると、IPX8の防水ケースがおすすめですよ。

送料無料

こちらはレビュー件数1万件を超える防水対応スマホケースです。

防水性能IPX8に適合しており、プールに持って行っても安心して使えます。

持ち運びに便利なストラップもついているで、プールに置忘れたり盗難される心配もありません。

スマホだけでなくちょっとした現金や鍵なども入れられるので、まとめて貴重品の管理もできます。

送料無料

防水バッグを使う

家族でプールに行くなどスマホ以外の持ち物も多い場合は、防水バッグをもっていくことをおすすめします。

\ 送料無料 /

こちらの防水バッグも先ほどのスマホの防水ケースと同じようにIPX8に適合しており、貴重品が透けてみえないような素材を使っているので安心してプールで遊べます。

防水ケースより容量があるのでこれだけの荷物を1つにまとめられます。

小さなお子様がいる方は何かと持ち物が多くなってしまうので、ぜひこちらの防水バッグを使ってみてくださいね!

\ 送料無料 /

コインロッカーにスマホを保管しておく

日本は安全な国とは言え、やはり盗難が発生する可能性はゼロではありません。

スマホをちょっとだけプールサイドに置いていただけでも、無くなってしまったという可能性もありえます。

なのでスマホをコインロッカーに保管する方法が、一番水濡れや盗難から守る方法といえるでしょう。

ただスマホをコインロッカーに保管していると、プールで泳いでいる最中にスマホが使えないというデメリットがあります。

さらに急にスマホが必要になった時に、ロッカーまで行かないといけないので非常に面倒くさいです。

こういった点も考慮してコインロッカーを使うかどうか決めておきましょう。

またプール施設によってはロッカーの利用に料金がかかる場合もあるので、プールに行く前に事前に確認しておくといいですね。

プールに行くときスマホはどうするのか決めた後に注意すること

プール スマホ どうする 注意点

以上でプールに行くときにスマホをどうするのか決めていただけたと思いますが、プールにスマホを持って行くときには他にも注意すべきことがあります。

盗難される可能性は常に意識しておく

コインロッカーに保管する場合以外では、スマホをプールサイドなど手元に置いておくと思います。

この場合遊びに夢中にならず、盗難される可能性があることを常に意識しておきましょう。

スマホはついつ気軽に扱ってしまいがちですが、お金と同じくらい大事にしないと危険が伴います。

といのも実はプールや海辺でスマホを置き去りにしている人が意外と多いんです。

スマホを置いたままプールで遊んでいると、盗難の被害に遭うケースが少なくありません。

スマホやケータイは個人情報がたくさん入っています。

もし悪用されれば、いろんな犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

だからこそ、プールにスマホを持って行く際は細心の注意を払いましょう。

スマホに直射日光が当たらないようにする

プールや海辺でスマホを使う際、みなさんは何を一番気をつけていますか?

多くの人が「水」に気をつけがちですよね。

でも実は「高温」にも同じように注意を払わないといけません。

なぜならスマホに使われているバッテリーであるリチウムイオン電池は熱に極めて弱いからです。

もし温度が高すぎる環境に長時間さらされると、バッテリーの持ちが悪くなるだけでなく最悪の場合は故障や発火する危険性もあります。

メーカーの公称値を見ても、スマホが想定されている使用温度は意外と低めです。

例えばiPhoneでは35℃までの場所で使うことが前提とされ、保管できる上限温度は45℃と言われています。

なので仮にスマホを持ち込む場合でも、直射日光の当たらない日陰に置いたりタオルにくるんでおくなどスマホが熱を持たないよう気をつける必要があります。

せっかく高額なスマホを購入したのに、直射日光が当たったせいで壊れてしまっては本当にもったいないです。

熱対策を徹底して、スマホを長く快適に使い続けられるよう心がけましょう。

他のプールの利用者に迷惑がかからないように

プールでスマホの写真を撮って家族や友人との思い出を残すのは良いことですが、気をつけないと他人のプライバシーを侵害してしまう可能性があります。

例えば、あなたがプールで撮った写真をSNSで拡散したとします。

投稿した本人は思い出に浸れて良い気分だったかもしれません。

でも自分の了承なく顔や身体が無断で広められた人が写真を見たらショックを受けることもあります。

なのでスマホで写真を撮る時は、他人があまり映らないよう細心の注意を払いましょう。

特に混雑している場所では注意が必要です。

周りに気を配り、スマホで写真を撮る時は他人を映さないよう心がけてくださいね。

プールに行くときスマホはどうするべきかまとめ

今回はプールに行くときスマホはどうするべきかについてまとめてみました。

プールにスマホを持って行けばより楽しむことができますが、普段意識していない注意点がたくさんあります。

大きなトラブルが起きないためにも今回の記事を参考にして楽しんでくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次