母の日に何もしない嫁は普通なの?贈り物がない割合と何もしてくれない理由について

高校 文化祭 中学生 服装
  • URLをコピーしました!

もうすぐ母の日になりますね。

お嫁さんからどんなプレゼントがもらえるのかわくわくしていることでしょう。

ただお嫁さんの中には実母にはプレゼントを渡すが、義理のお母さんへは何もしないというご家庭もあります。

期待していたお姑さんからすると、この状況は少し寂しく感じるかもしれません。

そこで今回は母の日に何もしない嫁は普通なのか、贈り物がない割合と何もしてくれない理由について調べてみました。

目次

母の日に義母に何もしない嫁はどのくらいの割合?

母の日 何もしない 嫁 割合

早速ですが母の日に義母に何もしないお嫁さんはどのくらいの割合なのでしょうか?

ネットで調べてみるとある企業が20代から60代の男女の既婚者617人を対象に、昨年の母の日に配偶者の母に何か特別なことをしたか尋ねたアンケートを行っていました。

その結果が興味深い内容だったので一緒にみてみましょう。

アンケート結果!
  • プレゼントを贈った
    ⇒34.7%
     
  • 何もしなかった
    29.2%
     
  • 感謝の言葉を伝えた
    ⇒ 8.3%
  • 食事会を開いた
    ⇒5.0%
  • 電話やビデオ通話をした
    ⇒2.6%

その他の回答もありましたが、「何もしなかった」という回答が2番目に多く割合としては29.2%にもなりました。

これは3つの家庭があれば、そのうち1つの家庭のお嫁さんは義母に対し母の日には何もしないという意味となります。

なので嫁が母の日に何もしないことが、意外とめずらしくないことをあらわしています。

実際にX(旧Twitter)でも母の日に何もしないといポストがありました。

母の日には義母にもプレゼントを贈るものと思っていましたが、実は何もしないというお嫁さんも結構いるのですね。

母の日に嫁が義母に何もしない理由とは?

母の日 何もしない 嫁 理由

それではなぜ母の日にお嫁さんは義母に対して何もしないのでしょうか?

理由は以下の通りです。

  • 最初から関係が良くなかったため
  • 以前にプレゼントを贈った際に不満を言われた
  • 嫁や孫に対して特に何もしてくれない
  • 結婚する前から母の日を祝っていなかった
  • お金に余裕がない
  • 母の日をうっかり忘れていた

最初から関係が良くなかったため

ネット上では、「最初から関係がよくなかったから」という意見が目立ちます。

これは「義母のことが嫌いだから」と思っている女性が少なくないという意味でもあります。

悲しいことですが、これが現状のようです。

どのお嫁さんも、結婚当初は義母と良好な関係を築きたいと願っています。

しかし結果的に義母のことを嫌いになる背景には、何らかの具体的な事情があるはずです。

この問題は必ずしも義母側に非があるとは限りません。

場合によってはお嫁さん側に原因があることも考えられます。

何が原因であれ、結果的に関係が上手く行かなくなってしまっていることがお嫁さんが何もしない理由になっています。

以前にプレゼントを贈った際に不満を言われた

以前母の日にお嫁さんがプレゼントを贈ってくれた際に、何か文句を言ってしまった経験はありませんか?

お嫁さんが心を込めて選んだプレゼントに対して、不満言われてしまったらプレゼントを贈る気持ちが失せるのも無理はありません。

嫁や孫に対して特に何もしてくれない

母の日や誕生日などには義母が何かを期待する一方で、お嫁さんや孫には何もしていない人もいませんか。

これは単に意識していないだけでなく、意図的にやっている方もいるかもしれません。

自分は受け取ってばかりでは、お嫁さんが母の日に何もしないという状態になってしまうのも当然のことでしょう。

結婚する前から母の日を祝っていなかった

お嫁さんが育った家庭では、母の日に特別なこと何もしていなかったという可能性もあります。

もし最初の母の日に何も贈り物がなければ、お嫁さんの家族にはそういう習慣がなかったのでしょう。

そもそも家庭によっては母の日や誕生日などの行事に対する取り組み方が大きく異なります。

中には家族の誕生日であっても特に何もしない、という家庭も存在します。

このような習慣を持つ家庭は意外に多いので、行事を大切にしている家庭の人達にとってはびっくりするかもしれませんね。

お金に余裕がない

息子さんとお嫁さんの家庭がお金にゆとりがなくプレゼントを贈ることが難しい状況なのかもしれません。

子供がいる家庭では、特に子供に関する出費が多くなる時期がああります。

そのため母の日にプレゼントを贈ることができないのはしょうがないことでしょう。

母の日をうっかり忘れていた

お嫁さんが単に忘れてしまっていたかもしれません。

日々の忙しさの中で母の日が近づいていることをうっかり忘れてしまうのは、人生で大きな変化がある時期などによくあることなので仕方がありません。

母の日に何もしない嫁に対してあなたがすべきこと3選

母の日 何もしない 嫁 対処法

「私が結婚した当時は、義理のお母さんに対して敬意を払い、母の日には欠かさずプレゼントを用意していたけれど、今のお嫁さんは礼節を欠いている!」と感じているお姑さんが少なくないでしょう。

この文章を読んでいるあなたも、自分はちゃんとしていたのにと思っているはずです。

だからこそ自分がプレゼントをもらえなかった時の悲しみや怒りの感情は非常に理解できます。

ではもし母の日に何もなかった場合、あなたすべきことは3つあります。

  • お嫁さんが母の日に何もしない理由を聞く
  • 息子にお願いする
  • 思い切って諦める

お嫁さんに母の日に何もしない理由を聞く

お嫁さんに直接尋ねるのは難しいかもしれませんが、息子さんを通じてそっと理由を聞いてみる方法もありますね。

自分に改善すべき点があるのか、それとも経済的な事情のように自分には直接関係ない理由があるのかもしれません。

理由が明らかになれば心も晴れやかになりますし、それに応じて何か行動を起こすこともできるでしょう。

息子にお願いする

「やはり母の日には何かしてもらいたい」と思うなら、息子さんに軽くプレゼントを促してみるのも良いですね。

もし以前から家で母の日を祝ってきたなら、息子さんもその習慣に慣れているので特に難しいことはないでしょう。

男性の場合忙しいからと忘れてしまうこともありますが、事前に伝えておけばきちんと準備してくれることも多いです。

思い切って諦める

「母の日を祝ってもらえないなら、それで良い」と割り切るのも一つの選択肢です。

これまで母の日を大切にしてきたのに、それが叶わないのは少し寂しいですがお嫁さんが望まないなら仕方ありません。

お嫁さんを無理に変えようとするよりも、自分の考え方を変える方がずっと楽なことでしょう。

母の日に何もしない嫁は普通なのかまとめ

今回は母の日に何もしない嫁は普通なのか、贈り物がない割合と何もしてくれない理由についてまとめてみました。

母の日にお嫁さんが何もしないとなると、やはり心にポッカリと穴が開いたような寂しさがありますよね。

ここで話した通りお嫁さんが母の日に何もしない背後には様々な理由が潜んでいることがあります。

時にはその理由があなたにはまったく関係ないことも。

息子さんを通じて少し探りを入れてみるなど、小さな一歩を踏み出してみることで心のもやもやが晴れるかもしれません。

ぜひ試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次