一人暮らしが寂しい大学生へ。泣く前にやってほしい9つのこと

一人暮らし 寂しい 大学生
  • URLをコピーしました!

大学生の一人暮らしは新しい生活のスタートでもありますが、同時に孤独感に不安になることもあります。

この時期から初めて一人暮らしを始める人は多いので、特に寂しさを感じやすいことでしょう。

今回の記事では大学生の一人暮らしで寂しさを抱える原因や、寂しさを克服する方法を詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてくださいね!

目次

一人暮らしをしている大学生が寂しく感じる理由

一人暮らし 大学生 寂しい

ここでは大学生から一人暮らしを始めたら、寂しく感じる理由についたお伝えします。

家族と離れ離れになった

大学進学を機に、親元を離れて一人暮らしを始める人は少なくないでしょう。

これまで家族と一緒に暮らしていた人にとって、一人暮らしは大きな変化です。

家族との絆が深かった人は、突然の孤独に不安を感じ寂しく思うかもしれません。

生活環境が変わった

大学生から一人暮らしを始めると、これまで何年も暮らしてきた街と別れて見知らぬ土地で新しい生活を送ることになります。

いつも見ていた駅やスーパー、学校、マンションなど。見慣れた景色が消えてしまうのは辛いものです。

新しい環境に慣れるまでには時間が必要ですし、孤独や不安を抱えることも少なくありません。

SNSで楽しそうな写真や文章を見てしまう

大学生になり一人暮らしを始めると時間を自由に使えます。

しかしその自由さが時には孤独感を生み出すこともあることを知っていますか?

特に友人のSNSを見てしまうと、自分の生活と比べて不満や後悔が湧いてくることもあるでしょう。

一人暮らしに慣れるまでは友人との距離感やコミュニケーションの仕方に戸惑うことも多いかもしれません。

しかしそれは自分だけの問題ではありません。

友人も同じように一人暮らしの苦労や楽しみを感じているはずです。

SNSで見る友人の姿はその一部分に過ぎないことを心に留めておきましょう。

一人でいる時間が増える

一人暮らしでは自分の部屋にいる時間が長くなります。

実家では家族との楽しい会話や食事が当たり前でしたが一人暮らしではそれがありません。

部屋で何かを見たり聞いたりしても、誰も感想を聞いてくれたり反応してくれたりしません。

笑っても泣いても、ただ一人で感情を抱え込むだけです。これほど寂しいことはありません。

まだ大学生活に慣れていない

大学生活にまだ慣れていないと不安や焦りが募り、一人暮らしの孤独感も強くなります。

授業やサークルに関しても知らないことが多くて不安になるでしょう。

一人暮らしを始めると大学生活に慣れるまでの間、寂しさや心細さを感じることもあるかもしれません。

大学生の一人暮らしで寂しく感じた時にやってほしいこと9選

一人暮らし 大学生 寂しい 対策

大学生になって一人暮らしを始め毎日寂しいと感じているのなら以下のことをやってみましょう!

部屋のインテリアを変えてみる

部屋の雰囲気を一新することで気分もリフレッシュできます。

自分の好きなコンセプトを選んで、インテリアにこだわってみませんか?

北欧スタイルならシンプルで機能的な家具や雑貨がおすすめです。

ホテルライクスタイルなら高級感のあるベッドやカーテン、照明や小物でリラックスできる空間を作ります。

カフェ風なら木目調の家具やレトロな雑貨、グリーンや花でナチュラルで温かみのある雰囲気がいいですね。

ヴィンテージ風ならアンティークな家具や小物、レトロな色合いが魅力的です。

このように部屋づくりに没頭すれば、寂しさなんて吹き飛んでしまいますよ。

資格がとってみる

資格を取るために勉強することは、自分の人生にとって価値のあることです。

試験日が近づいているというプレッシャーがあれば、寂しさなど感じる余裕はありません。

働き始めてから資格を取ろうと思っても、仕事や家庭の両立が大変です。

大学生の間に自分の興味や関連性の高い資格に挑戦することをおすすめします。

新たな趣味を探してみる

趣味を持つことは自分の時間を充実させるだけでなく、ストレス解消や健康増進にも効果的です。

家でできる趣味でももちろん大丈夫ですが、外に出て新しいことに挑戦するのもいいですね。

趣味に熱中すると時間の経過を忘れて没頭できますし、自分の能力や可能性を広げることができます。

テレビやYouTubeを見る

一人部屋で無音のままでいるのは寂しくなる原因の1つです。

そんな時YouTubeやテレビをつければ気分が明るくなります。

見たい番組や動画がなくても、音だけでも聞こえていれば安心感が得られるでしょう。

アルバイトに挑戦してみる

アルバイトに挑戦してみるのもいいでしょう。

働くことで自分の時間を有効に使い、寂しさを忘れることができます。

特に人とコミュニケーションを取る機会が多い飲食店などのアルバイトは、あなたの気分を明るくし自信を高められます。

またアルバイト先では同じ目標に向かって頑張る仲間がいるので、仕事の話だけでなくプライベートな話もできる友達を見つけられるでしょう。

掃除に力を入れてみる

掃除という家事は終わりがないので、一人暮らしを始めたら自分のルールを決める必要があります。

最低限の掃除だけでは、見落とされた場所が汚れてしまうかもしれません。

そこで定期的に隅々まで掃除をする習慣をつけることをおすすめします。

部屋がきれいになると、気分もすっきりして仕事や勉強にも集中できます。

手の込んだ料理を作る

手軽な料理もいいですが、たまには手の込んだ料理を作るのはいかがでしょうか?

例えば時間のかかる煮込み料理は、じっくりと素材の味を引き出し深みのある風味を楽しめます。

手間暇かけた料理は自分へのご褒美にもなりますし、友達を自分の部屋に呼べば夕食が一層楽しくなります。

またお菓子作りに挑戦してみるのもおすすめです。

甘くて美味しそうな匂いに包まれながら作るお菓子は心も満たされます。

さらに自分で作ったお菓子は、友達にプレゼントすると喜ばれるでしょう。

一人暮らしをしている友達に泊まってみる

あなたと同じように一人暮らしをしている友達のところに泊まってみるのもいいですね。

これは社会人になるとなかなかできない貴重な体験であり、大学生ならではの楽しみ方です。

そしてただ単に泊まるだけなく日中は一緒にショッピングで新しい洋服をゲットしてカフェでゆっくり話したり、夜には次に行く旅行のプランを話し合ってみるのもいいでしょう。

早寝早起きをして食事をきちんととる

一人暮らしが寂しいと感じるのは普段の生活が乱れているからかもしれません。

規則正しい生活はルーティーンの基本です。

朝は決まった時間に起きて3食バランスよく食事を摂り、睡眠時間は最低でも7時間確保することが大切です。

一人暮らしでは自由に生活できますが、それだけでは自立した生活とは言えません。

自分で何時までに何をするという目標を設定し、それに沿って行動することが大切です。

そうすれば自立した生活を送っている実感が湧き、精神的な安定も得られるでしょう。

また充実した生活を送るためには、常に忙しくすることも重要です。

休日に何もしないで過ごすのではなく、趣味や勉強など何か1つでも目標を持って取り組むことがおすすめです。

それを達成したときの喜びや満足感は、自信やモチベーションにつながります。

一人暮らしが寂しい大学生へ。泣く前にやってほしい9つのことまとめ

今回は一人暮らしが寂しいと感じている大学生に泣く前にやってほしい9つのことについてまとめてみました。

一人暮らしをしていると、たまに寂しさを感じることがあります。

自分は一人でいるのが好きだと思っていても、静かな部屋にひとりぼっちだったり心に傷を負っていたりするときは誰でも寂しくなるものです。

しかしそれは一人暮らしに適していないということではありません。

なぜなら寂しさを感じることで自分の心に向き合う機会が増えるからです。

自分の気持ちや欲求を理解することで、自分に必要なものや人を見つけやすくなります。

また寂しさを乗り越える方法を身につけることで、一人暮らしのスキルも向上します。

一人暮らしは決して孤独ではありません。むしろ自分自身と見つめあい、成長するいい機会です。

ぜひ寂しさを味方につけて一人暮らしの楽しみ方を見つけてください。

一人暮らしはあなたにとって素晴らしい経験になるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次