新入社員はボーナスを返すのがマナー?その真実とあなたがすべきたった1つのこと

新入社員 ボーナス 返す マナー
  • URLをコピーしました!

「新入社員がボーナスを返すべきだというマナーがある」と聞いたことがある人は多いでしょう。

しかしせっかく貰ったお金を返す理由が分からず、困惑している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「新入社員はボーナスを返すべきだ」というマナーの背景を徹底的に解説します。

この不合理な慣習の真相を明らかにし、あなたはボーナス返還を求める企業に対してどう対応すべきか具体的な対策もお伝えします。

ぜひ最後までしっかりとお読みください。

目次

新入社員ならボーナスを返すというマナーは過去の話

新入社員 ボーナスを返す マナー 過去

新入社員がボーナスの一部を返還するという習慣は、実際に過去にあったことは事実です。

しかしそもそもこの習慣は合理的な根拠がなく、時代遅れの風習にすぎません。

ボーナスはあくまで従業員が会社に提供した労働の対価として支払われるものです。

会社が適切に支給したボーナスを、新入社員である従業員側が勝手に返還する義務はありません。

仮に就業規則にボーナス返還の定めがあったとしても、民法の規定が優先されます。

民法上で労働の対価として適切に支払われたボーナスを返す義務はないのです。

このような不合理な習慣が生まれたのは、高度経済成長期の特殊な環境下においてであり現代社会においてはすでに時代遅れの慣行となっています。

現在でもボーナスを返還しようとすれば、周りから不可解な行為と受け止められるでしょう。

合理的な根拠がないにもかかわらず、単に過去の習慣を引き継ぐだけでは意味がありません。

従業員が適切に労働の対価として支払われたボーナスは、法的にも倫理的にも返還する必要のないものです。

会社と従業員との健全な関係を保つためにも、このような時代遅れの不合理なマナーに従う必要はありません。

新入社員でボーナスを返すマナーが存在していた理由

新入社員 ボーナス 返す マナー 理由

新入社員がボーナスを返すというマナーは、合理的な根拠がなく不可解なものです。

ではどうしてこのようなマナーができあがったのでしょうか?

新入社員の就労期間が短い

まず1つ目は新入社員の就労期間が短いことにあるようです。

日本企業では、通常4月1日が新入社員の入社日となっています。

そしてボーナスの支給は7月頃が一般的です。

つまり新入社員は本来6ヶ月間の労働の対価でもらえるボーナスを、わずか3ヶ月の勤務で半年分のボーナスを受け取ることになります。

そのため一部を返還するのが「マナー」と解釈されてきたのでしょう。

新入社員の会社への誠実さを示す

2つ目として新入社員が会社への誠実さを示す思いがあるようです。

つまり「自分はまだボーナスをもらうに値する実績を上げていないので、一部を返還することで今後一層の精進を誓う」という考え方です。

しかしこうした発想自体が的外れであり、不合理極まりない話です。

会社が従業員に賃金を支払うのは、その労働の対価として当然のことです。

報酬の適正さを新入社員個人が判断する理由はどこにもありません。

むしろ支給された報酬に見合う働きをすることこそが、従業員に求められる姿勢なのです。

新入社員がマナーだからと本当にボーナスを返すと経理に支障がでる

新入社員 ボーナス 返す マナー いけない

新入社員がボーナスを返すのはマナーだからと、本当に会社にボーナスを返してしまうと経理に支障がでてしまいます。

というのもボーナスの返還分について給与計算をやり直せば、多大な事務作業が生じ会社は非効率な負担を強いられることになります。

一方で新入社員から返されたボーナスを放置すれば、収入の過少申告として脱税とみなされる恐れがあります。

このように会社にとって新入社員からボーナスを返される行為は、どのような対応を取っても不都合が生じてしまう、まさに泥沼なのです。

まともな経営者であれば、ボーナス返還を求めるどころか従業員にそのような迷惑を強いる発想自体が有り得ないことでしょう。

それでも新入社員だからボーナスを返すのはマナーと言われたら転職を!

新入社員 ボーナス 返す マナー 転職

以上のことから新入社員がボーナスを返すのはマナーでもないことがわかってもらえたと思いますが、それでも強要してくるようなら今すぐにでも転職すべきです!

転職するならUZUZ
UZUZ

UZUZで紹介される求人情報は離職率、労働時間、社会保険の有無、雇用形態などで厳しい基準をクリアしたものだけです。

そのためUZUZを使って入社された方の定着率は93%以上!

選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限にしてくれるので安心して転職活動ができます。

もちろん一切お金はかからないので、転職を決めた場合はぜひUZUZを使ってみてくださいね!



その理由は以下の通りです。

経営上の問題がある

ボーナス返すようにを求める会社には、重大な経営上の問題があると見るべきです。

新入社員に対してボーナスの返すように強いるほと、キャッシュフローに支障が出ている可能性があります。

実際中小企業の約9割が10年を待たずに倒産に追い込まれているとの統計があります。

倒産は決して他人事ではなく、いつ起こるかわかりません。

ボーナスを返すようにを求められる会社には、そうした深刻なリスクが潜んでいます。

今後も理不尽な命令を言われる可能性

新入社員にボーナスを返すべきというロジックを欠いた無意味な命令を繰り返す企業は、従業員にとって極めて有害な職場環境となることでしょう。

合理性が欠如した上層部の判断は、業務の効率性や生産性はよくないでしょう。

経営陣が理不尽な命令を下すのは、おそらく精神論や旧態依然とした不合理な慣習にとらわれている可能性があります。

それらの命令の意味や目的すら理解されていないという事態は、重大な問題があると言わざるを得ません。

このような無知と前例踏襲の体質が蔓延した会社では、新入社員であるあなたに過剰な負荷がかかりストレスが蓄積するのは避けられません。

しかも長時間労働を強いられながらも昇給は望めず、ブラック企業化への道を進むことになりかねません。

悪しき風習が今後も続いてしまう

新入社員であればボーナスを返すがマナーということを認めてしまうと、今後もこのような悪しき風習が受け継がれていくことになりかねません。

言い換えれば、将来の社会でも同じような意味不明な風習が残り続ける可能性があります。

今は新入社員かもしれませんが、将来的にはあなたも日本経済の弊害となり得るのです。

自分の意志を持たずにただ仕事をこなすことは、思わぬところで犯罪に加担することにつながりかねません。

理解できないことは積極的に調べるか、他の人に聞いてみることが大切です。

初めてのボーナスはお世話になった人のために使おう

新入社員 ボーナス 返す 

入社したてで、まだ会社に貢献できていないのにボーナスをもらうのは心理的に重いかもしれません。

中には「この大金を受け取っていいのか?」と気が引ける人がいるのも無理はありません。

でも新入社員の皆さんはそんな遠慮は要りません。

賃金やボーナスは、あなたがたの働きぶりに対する正当な対価なのですから。

会社から適切に支給されたボーナスならば、心置きなく受け取るべきですです。

ただ、「まだ会社に恩返しできていない」と感じるのであれば、ボーナスの一部を家族や身内への贈り物に使うのがおすすめです。

親戚や世話になった方々に何かものを贈れば、感謝の気持ちが自然と伝わるでしょう。

余裕があるのなら会社の上司や先輩社員へお菓子を手渡しするのもいいですね。

こうした気遣いは、人間関係を良好に保つ良い機会にもなります。

でも何より大切なのは、仕事に精を出すことです。

今回ボーナスをもらったからと言って、罪悪感を抱く必要はありません。

日々の業務に全力を尽くすことこそが、会社へのまっとうな恩返しとなります。

新入社員はボーナスを返すのがマナーまとめ

今回は新入社員はボーナスを返すのがマナーなのかについてまとめてみました。

確かに入社して間もない新入社員にボーナスを出すのは、会社側から見れば厳しいかもしれません。

でも一旦支給したボーナスを返すなんて、全く筋が通っていません。

ボーナスというのは従業員の前期の働きぶりに対する報酬です。

新入社員でも入社後は確実に働いているわけですから、当然ボーナスをもらう資格があるというものです。

ボーナスを返さなきゃいけないなんて、時代遅れの非合理的な風習としか思えません。

もしあなたがボーナスを返すように理不尽な要求されたのなら、恐らくブラック企業の可能性が高いのではないでしょうか。

新入社員であるあなたはそんな会社に長く居る必要はありません。

おかしな風習に振り回されるくらいなら、早めに転職を考えた方が将来のためになるかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次